子供の名前、あなたならどんな命名方法を選ぶ

子供には元気さや明るさが一番大事

自分の妻から妊娠したという言葉を聞いて飛び上がるほど嬉しくなった経験はないでしょうか。子供という存在が妻のお腹の大きさと共に日に日に確認出来る頃になると近い将来に生まれてくる子供の名前というものに深く悩むのではないでしょうか。子供のことだけを考えると生まれてくることに喜びを隠しきれませんが、人生は甘くなく苦しいことの方が断然多いということも両親は知っていますから、子供には苦を乗り越えるような元気さやめげない明るさを求めて名づけを考えるはずです。

漢字の意味から名前をつける

元気な子に育って欲しいなら元気の一字を取り「元樹」などと命名したり、優しい子供になって欲しければ優しいの「優」から「優子」などと命名したりするのは今も昔もよくある命名方法です。漢字には意味があり日本人は昔から漢字の意味を当てて名前を付けてきたというのも一つの文化としてとらえることが出来るでしょう。インターネットが普及してライフスタイルも大きく変わった現代ですが、漢字の意味を考えた名づけというものは今でも変わらずあるのです。

インターネットな時代だからこそ利用出来るサービス

姓名判断を用いて子供の名前を考える人が多いと言えます。姓名判断は決して難しくなく素人でも本を読みながらしっかり理解出来れば自分自身で姓名判断を行うことが可能です。長い人生において、運が悪い人、運がいい人をある程度見て来た両親にしてみれば占いだろうが、姓名判断だろうが、強運だと言われればただそれだけで安心するものなのです。自分の子供の行く末やいつか迎える人生の岐路を想像してみると何とかして幸運な名前を付けたいと考えるのは当たり前のことかもしれません。

命名は、生まれた赤ちゃんや商品などに名前をつけるという行為であり、対象物を判別するためにする行為です。

Category: 未分類

- 2015年6月20日